FC2ブログ

Operating Room
アメリカンROプレイヤーの徒然。 日本語は英文の下にあります。 コメント歓迎 NO Ads plz
08 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930» 10

Profile

間 黒男

  • 間 黒男
  • Nick Name: BJ, 黒ちゃん, まぐろぉ, 他
    Hobbies: Icehockey, 茶道, 合氣道, 居合い道, 盆栽, 他
    Languages: English, 日本語, 台湾語(a lil), 他



    MMO@BlogRanking



Harbot


PokeDevi

Blog Pet
登録はこちら 戻る ランダム 次へ リスト


Recent News




Search

前のサイト ランダムで訪問 次のサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
/ --/--/--(--)--:-- /
/ スポンサー広告 / / /
About Lighthalzen 全文翻訳
I've translated the article that was published by Minsoo Lee, the lead developer of Ragnarok Online, myself. This is to give you the sense of the whole article, as well as my challenge to implement my own translating skills. (lol
I have read this article in a famous website, I would not name which, however, they must have used the "automatic translator", because some of the sentense doesn't make any sense, or some of the argument that was translated in a very awkward way....
Well, here it is, my translation of the whole article.

えー 某有名サイトで見た、ミンスーリーラグナロク開発部リーダーの国際鯖でのリヒタルゼン実装にあたっての公開文(全文)を、管理人自身が 翻訳してみました。 

どうやら某サイトでは、自動翻訳ツールで翻訳されているようですが、なんていうか文章自体が、ちょっと不自然な訳されかた、これはよくある事ですが、自動翻訳機は、”一単語、一単語を直訳していくことで”文の流れをつかんでいなかったり 意図をつかみ損ねていたりするので。 ま、後は、管理人自身の通訳スキルをアップする目的で。 (ぉぃ


From the Ragnarok Developer Minsoo Lee.

About Lighthalzen, the second city of the Schwaltzvalt Republic
(リヒタルゼン(シュヴァルツ共和国第二の都市)について)

Hi, I am Minsoo Lee, the lead developer of Ragnarok Online. Ragnarok Online (RO) is currently on the episode 10.1; Einbroch, The City of Steel. I would like to give you an idea about episode 10.2, our next update.

こんにちわ。 ラグナロクオンラインの開発部長ミンスー・リーです。 ラグナロクオンラインは、ただいま(国際鯖iROで)10.1エピソード:鋼鉄都市アインブロクを実装しております。 今日は、私のほうから、新エピソード10.2を少し紹介したいと思います。

Lighthalzen, the corporate city-state was developed as a part of our 2005 plan to focus on the main story of Ragnarok Online.

リヒタルゼンは、ルーンミッドガルツと交流関係をもつ市、というより一つの州のようなもので、これは、2005年プランとして、われわれのほうでより、原作ラグナロクに近づけるために開発されたものです。

I feel that developing an online game is not only simply development, but also a service provided to customers. I insist on this because we cannot exist without our users. Our 2005 plan was based on this fact and our goal was to satisfy our users’ biggest wishes.

私は開発者として、ゲーム開発だけではなく、いかにお客様に満足していただける顧客サービスを提供できるかを考える事が開発者の仕事だと思っています。 とくにカスタマーサービスについて重点的に考えています、なぜなら、お客様(ユーザー・プレイヤー)無しでは、ゲームはなりたちませんから。  2005年のラグナロク開発プランはそういう意味で、ユーザー様の最大の要望に答える事を重点的にしぼってきました。

Before we get into the main subject, I would like to display my opinion on the difference between the eastern RPG style and the western one by using Ragnarok Online as an example.

深く語る前に、私はこのラグナロクというゲームを例にもちいて、東洋のRPGと西欧のRPGのプレイスタイル・ゲームスタイルの違いについて語ってみたいとおもいます。

Ragnarok Online appeals to western players because it's regarded as the MMOG version of a console adventure - fun, easy to get into, and non-stop action. Some may consider this to be a weak point. However, I think if we can provide enough features based on one set story, we would transform that negative into a positive; in that it allows groups of people to unite and share in the story together. The experience can be likened to a group of people discussing their opinions after watching a cartoon or film together. If we can pull this off effectively, it can only serve to strengthen ties within the user community.

何故ラグナロクオンライン(東洋のRPG)が、ここまで多くの西欧諸国プレイヤー達に認められてきたかというと、このゲームは従来のMMOGのプラス要素:楽しく、簡単にストーリーに入り込めて、そして、限りないアクション要素を含んでいるということにあります。 よく、それが、MMOGの弱点(飽き易いなど)なのではと言われる方もいらっしゃいますが、私は、一つのストーリーに多くのクエスト要素や他の要素を組み込む事で、この弱点を 克服し、さらには 一つのストーリーをより多くの人と共感し経験していくことで、最大の長所にもなりえると思うのです。 たとえば、映画を他の人達と鑑賞したあとに、その映画についてオピニオンを交換したりする事ができるというように。  そうする場のきっかけを作る事でユーザー同士のネットワークを深めたりすることができるんではと思っています。

With the Lighthalzen update, we tried not only advancing the main story, but also adding a unique feature: The Lighthalzen Dungeon, the Life Experiment Laboratory.

リヒタルゼンをアップするにあたって、我々(開発部)は、只単に、ラグナロクのベースストーリーに基づくようにするだけでなく、ゲームオリジナル要素も絡めて見ました。 それが 生体実験室、リヒタルゼンダンジョンなのです。

In this dungeon, users encounter a wealth of powerful monsters that have never been introduced in Ragnarok Online before. I must say they are challenging and worth fighting, because of the great rewards that they provide.

このダンジョンでプレイヤーの皆様は、今までのラグナロクにない、多くの凶悪なモンスター達と遭遇する事になります。 とっても難しいダンジョンですが、闘うだけの価値のあるダンジョンとなっています。 只難しいだけでなく、闘った後の報酬も良い物を用意していますし。

Another important feature of 10.2 is the Homunculus system. In fact, we were planning to implement the feature since we developed a 2-2 job class, the Alchemist. But we thought the homunculus system was not feasible considering the structure of the game and we hesitated to try at that time. Things have changed and now we’re willing to give it a shot.

もう一つの注目ポイントとしては、10.2より実装されるホムンクルスシステムの事です。 我々開発部は、新2次職業(2-2)のアルケミスト開発当時から、実装を目標に推敲してました。 しかし当時、我々はホムンクルスは、ラグナロクゲームシステムには、あわないと判断し、そこで実装を断念していました。 いろいろ状況はかわり、このたび、もう一度、ホムンクルスシステムに実装のチャンスを与えてみようと思うにいたりました。

For the system, we focused on developing User-friendly AI and the new class creation. Before this Homunculus system, Ragnarok Online had had only two types of characters: Player Characters and Non-Player Characters.

このホムンクルスシステムでは、我々はユーザーフレンドリーなAI(人工頭脳)と新たなるキャラクタークラスを作る事に重点をおいてきました。 ホムンクルス以前では、ラグナロクには2種類のキャラクターしか存在しませんでした。 プレイヤーキャラクターと(カプラサービス等の)NPC達です。

We tried to create a middle-character between the two by implementing Homunculus and I see it as a success so far.

我々は、このプレイヤーキャラクターとNPCの中間に存在できるキャラクターをこのホムンクルスで実装しようしてきました。 今のところ、ホムンクルスシステム実装は、私がみるぶんには、とりあえず成功してると思います。

We provide users a convenient AI modification system for their homunculus. Of course, we provide the most basic AI for beginners. But they can modify the AI if they feel the need to change whenever they want.

我々は、ユーザーがより管理しやすいAI調整システムを、実装する予定です。 もちろん、最初は、初心者プレイヤーでも操作しやすい、分かりやすい、基本的機能だけを組み込んだAIですが。 必要に応じて、プレイヤーがAIの設定を変更可能にする事ができるようなものになっています。

Some people might lament seeing the homunculus system implemented in game. These folks (read: botters) are those that use unauthorized third party programs to play. We adapted the concept of a bot program for the homunculus system.

このホムンクルスシステム実装を、嘆く人達もいらっしゃるでしょう。
俗に言われるボッター(第三者作成の不正プログラム・ツール使用者)たちは、特に。我々は、BOTプログラムのコンセプト・概念を、ホムンクルスで(ラグナロクストーリーにマッチする)適応させてみました。

Using bot programs may sound wrong, but when you think about it, botters are also our users, those who love Ragnarok Online as much as normal users. So we thought it would be good if we could provide them a better auto-play program that was officially made by Ragnarok Online developers so they can come out of the shadows and play legitimately.

ボットプログラムを使用する事は、いけない事のように聞こえます。 しかし、このボッター達も、ラグナロクユーザーの一人であり、ラグナロクを一般プレイヤー同様に気にかけているわけです。 そこで我々は、ラグナロク公式開発者たちが開発した、このホムンクルスという人工頭脳をもつキャラクター実装することで、彼ら(ボッター達)も、(管理人追加文:同じ自動狩りツールでも、ボッター達がボットではなく、ホムンクルスの扱えるアルケミストをする事で)ラグナロク規約にそった日の元でのプレイをできるんではと考えています。 

Besides of Lighthalzen dungeon and homunculus system, there are many intriguing features within the 10.2 update such as new skills for transcendent classes and the Juperos dungeon. I hope users will enjoy the new features when the update is introduced in the future.

エピソード10.2は、リヒタルゼンダンジョンとホムンクルスシステム導入以外でも、まだまだ沢山の刺激的アップデート要素を含んでおります。 例をあげると、転生職への新しいスキル実装やユペロス(ジュペロス英語読み)ダンジョン等。 私は、ラグナロクプレイヤーが、これから実装される新たなるアップデートも楽しんでいただければと思っています。

I also hope users will continue to support Ragnarok Online and thank you for your continued interest and support.

また、これからもプレイヤーの皆様からの支持を得られればと思っています。 これまでの皆様からの暖かいサポート、どうもありがとうございました。
- Minsoo Lee, Lead Developer of Ragnarok Online
ミンスー・リー:ラグナロクオンライン開発部長

------------------------




管理人の文章を読んだ感想は、この下に書いてあります。
There are many arguments among iRO players about this update. I think one of the reason is the way that Minsoo Lee had said it/the way translated in English.
The word "concept" and "adapted" has many different depth in meaning. It is very hard what this man actually said it in Korean language or what he had actually translated to his foreign language, English.
It may be just that developers had got the idea of "AI program" that does some "support auto hunting", Homuncules. Or it can be translated that they actually take over the whole "BOT program" itself...
I for one as a legitimate RO loving player, hope that he meant the former...
I think the Homunecules system is an AI program that does the "support auto hunting" for the alchemists, just like those card that will let you "Auto-spell" some skills.
But the way he introduced the homunecules update and with the botters, was publicly very lame move... I don't know what the hell he was thinking. However, I do understand the toughness of coming up with the "correct word" in foreign language.
I have one thing in my mind after reading this article, what the heck the developer was thinking, when he said this. I mean botter exist to make profit in real money on underground trade. (well, its not even underground much, you can easily find the trade in E-bay and so on.) So, they are not just "tired" of playing the character itself, that's got nothing to do with it. They are corely into making profit by using their underground program. I doubt they will start being regular player, the alchemist with homunecules no matter what the homunecules does! They might use their program into Homunecules to cheat, but they will never be the "good hearted player" who playes legitimately.
For me, I will just wait what this homunecules AI system works out in iRO. I wouldn't think that developer would update this system, if this system had been a failure in Sakray, the trial beta server, on especially the iRO, where there are players from all over the world!

この公開文は、ホムンクルスパッチ・リヒタルゼンが実装される国際鯖で数多くの反響をうんでいます。この公開文どうりに開発者がいったのか、はたまた、誰かが通訳したのかは不明ですが。
英単語のコンセプトとadaptという単語は、あいまいで、そしてその意味の深さも、とられかたでずいぶん変わってくるものです。
これは、単に開発者らが、ROに数多く存在しているBOT(自動狩りするキャラクター)をみて、自動的に狩りをサポートするホムンクルスを思いつくヒントになった。~ 本格的に”BOTプログラム”を改変して取り入れたとも受け取れます。 直訳では、どうしても言葉を極端に訳しがちなので、その時の、イントネーションなどを誤解しがちですが。
ROというゲームを規約道理にプレイして、そしてその世界観やゲームそのものを楽しんでいる管理人としては前者であると願うばかりです。

只管理人として思うのは、開発部リーダーがどうしてこのような紹介のしかたをしてしまったのかということです。 ホムンクルスを紹介するにあたって、どうして正規ユーザーを不快にさせているボッター達のことをとりあげたのか。。。まったくもって、その部分では、マイナスイメージしかうえつけなかったはずです。 さらに その文章により、ROは公式にボットプログラムを許可しているともとられかねないいい方になっていますし。 更に言うならば、BOTTER達が、ホムンクルスを導入したからといって、自分達の利益をえているBOTプログラムから、ラグナロクオンライン公式のホムンクルススキル持ちアルケミストに移るとは到底思えないし、彼らは、ラグナロク自体を"気にかけている”プレイヤーではなく、只単に、利益を得るためだけに、BOTをしているわけで。 どんなにホムンクルスシステムが"狩りを楽にする”物であっても、BOTTERがBOTTERをやめ、日の元で堂々とプレイする(規律を守りながら)とは思えません。

国際鯖はBOT取締りもGRAVITY本部が行っている鯖で、日本鯖よりもカスタマーサービスの反応が良い事でも知られているわけで、そういう鯖において、BOT許可しますというようないい方をするのは矛盾なきがします。 特に、新たに取り組まれているNPROでの不正取締りもあっている現在では。

これが、言語の違いからくる言葉の選び間違い、また言葉の足りなさなどは、十分に考えられると、管理人は思っています。 管理人自身、日本語という外国語をするにあたって、誤解されていたり、いい方が"極端すぎる”ととられたこともありますし。 
こういう、部外要素も考えて見て、管理人は、とりあえず ホムンクルスがどういうものなのか、どういうものとなって国際鯖で実装されるのか、待ってみようと思っています。 管理人が、想像しているホムンクルスは、"自動戦闘補助人口頭脳をもちえるスキル”です。 決して、BOTのように自動で勝手に狩りをして、その経験値やアイテムなどを得るというような仕組みではないんではないかなと 思っていますし願っています。 どちらかといえば、新カード類などで実装されてる"アウトスペル”タイプのような物なんではないでしょうか? もうちょっといえば、一緒に闘ってくれるペットみたいな感じなのかな? 
日本鯖でもNPRO導入等、やっとカスタマーサービスらしい物をしてきたGUNGHOであり、開発部であるので、もうすこし長い目で今回のアップデートをみてみようとおもいます。





スポンサーサイト
/ 2006/02/07(Tue)04:17 /
/ Daily Junks [RO] / trackback:0 / comment:0 /
Sleeping Beauty / Operating Room / Congrats!!










Private Message

/ Operating Room /

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。