Operating Room
アメリカンROプレイヤーの徒然。 日本語は英文の下にあります。 コメント歓迎 NO Ads plz
07 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031» 09

Profile

間 黒男

  • 間 黒男
  • Nick Name: BJ, 黒ちゃん, まぐろぉ, 他
    Hobbies: Icehockey, 茶道, 合氣道, 居合い道, 盆栽, 他
    Languages: English, 日本語, 台湾語(a lil), 他



    MMO@BlogRanking



Harbot


PokeDevi

Blog Pet
登録はこちら 戻る ランダム 次へ リスト


Recent News




Search

前のサイト ランダムで訪問 次のサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
/ --/--/--(--)--:-- /
/ スポンサー広告 / / /
The Outsiders
I have nothing to write about RO, today. But there is a great movie I would like to share with everyone. I kind of wanted to separate this blog (for games) and other materials, but what the heck.

The movie is called:"The Outsiders"
It made in about somewhere in 80's. The movie is about two youth gang groups of 60's, the Greases and the Socs, where two young boys are caught in the middle of the brotherhood of the "team" and their own innocence. I've never seen the movie The Westside Story, but I think it's more realistic world of the young teens who are trying to grow up, searching their identity...
The Greases and the Socs have heavy wall of socioeconomic status. But they are the two of a kind in a way. They are both young adults growing up. Because of their juvinile minds, they can't see their world from outside. Most of them have one way view point, "their way". Except the two boys from the greases. Because of their unfortunate happening earlier in the movie, they were able to get out of the town, take a step to see the outside.
I shouldn't write more... I don't wanna ruin the movie for ya, readers! (lol
Nothing Gold can stay Gold...
But please stay gold...
Take a moment to see the sunset, if you ever get tired of the every day hectics... Try to take a step backward, and see a bigger picture in every hard situations that you run into...
---------------------------------------
ROに関しては、何も書くことがないので、俺の好きな映画でも紹介を。
本当はこのブログはゲーム系だけにしておいて、別にページをつくってそっちのほうで、他の事について書いていきたかったんだけど、管理人はめんどくさがりやなので とりあえずこのブログに。

The Outsiders まぁ、これこそ直訳したら、"外の奴ら”(外部の人)になるわけですが。
この映画、80年代につくられた 60年代、2つの対立するギャングに所属する若者達をベースにした青春ストーリーです。(多分)グリーシーズとソーシズというギャングには、経済や社会的ステータスの違いで厚い壁があるものの、どちらもティーンの少年達で、自分達の社会の不公平さに疑問を抱きつつ、自己の確立をしようとしている成長過程にある若者達という共通点を持っています。 ウェストサイドストーリーという映画は、ちょろっとしか見て無くてうろ覚えですが、それよりも、リアリティーある、ある意味アメリカン王道のティーンの成長青春物語な気がする。 あまりミュージカルのような甘ったるい物は 好きでない管理人なので、この映画のほうが、すんなり受け入れられた気がします。
映画の中で、大体のキャラクター達は、どちらもまだまだ未熟な”ケツの青い”奴らがほとんどで、その未熟さから、自分達の観点からしかみていけない者が多いわけですが。 その中で、二人の若年の少年達は 違っていました。 どちらも まだ "カラー”に雁字搦めになってなく、"カラー”で決め付けるということをしないでいる。 というか、二人とも多分、決め付けたくは無かったんだろうと思う。 いつか自分達も、カラーやステータスを超えたいと思う願望から、カラーだけで決定すると言うことはしないでいるようで。 映画序盤で起こるある事件により、この二人は、自分達の住んでいる界隈から、一歩離れた、彼らにとっては未開の地に行く事になります。とまぁ、こんな感じなのですが、あまりかくと せっかくの映画が台無しになってしまうし。。。 書きたい事もまとまらないし。管理人は根っから、"感想文”などと言うものが、苦手でした。。。 
この映画:フランシス F コッポラ監督率いる
優秀な若い(当時)勢ぞろいしてて、今では中々みられないメンツではなかろうか・・・
Emilio Estevezをはじめ、(いや彼は主役ではないんだけど、俺がいちばんすきな俳優の一人です)Tom Cruiseなんかもちゃっかりでています。(すっごい脇役ですが!)他にも色々、アメリカを代表とする俳優達が勢ぞろいしていて、見ごたえあると思う。



ROの事は書くことないとかいたけど、一言 中国語(pinyen語)レッスン(嘘)を書いています。 いやー これをレッスンと呼ぶかどうかはあれだけど。。。
Read on
/ 2006/03/22(Wed)09:34 /
/ OTHERS / trackback:0 / comment:2 /
/ Operating Room /

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。